【大人の夏の黒コーデ】リゾート/タウンで着まわすコツは「引き算」

夏は身につけるアイテム数が少ないからこそ、いろんなテイストを楽しみやすいシーズン。そんな中で夏になると着たくなるものと言えば、黒のスタイリッシュなデザインのアイテム!

いつも黒より白派で、なかなか着る機会がないんですが、バックにカットが入っているものやワンショルダー、スリット入りスカートやタイトなワンピースなど、それだけでかっこいいクールな黒アイテムって、夏ならではですよね。今回のセオリーのノースリーブタンクトップも、そんなお気に入りのひとつです。

黒の辛口デザインでスタイリッシュなリゾートコーデ

背中見せ部分が多いからこそ、他はデニムで覆って落ち着くバランスに

背中にがっつりカットが入っていて、背中を見せる部分が大きいからこそ、他は肌もカバーして、自分の気持ち的にも落ちついて着られるバランスに。

これは大胆なカットも着やすいビーチなど、リゾート仕様がイメージなので、ちょっと派手めで浮かれたハットをメインに、ナチュラルカラーのカゴバッグやビーサンに合わせています。

足の裏がふわふわだけど、まとわりつかず快適なUGGのサンダル

ちなみにこのビーサンはUGGのもの。履く部分にシープスキンが敷き詰められていて、もこもこしたルックスが目を惹きます。可愛い!という女子ならではの第一反応と、えっ夏にファーって…?という想いが交錯するらしく、

友人からもこれってどうなの?って聞かれるし、私も履いてみるまではそう思っていましたが、結果、暑苦しいなども一切なく、ゴムで痛くならないので、普通のビーサンよりやっぱり履きやすいです。迷っている方がいたら、これ、大丈夫です!とお伝えしたいです。

トップス以外は抑えめに=タウン仕様な黒コーデ

ノースリーブを引き立てるイメージで他はシックに黒ですっきりと

タウン仕様に仕上げたいときは、ノースリーブのデザインが入っているので、他は統一して引き算して。都会に馴染ませるには、目立ちすぎずの絶妙なバランス感が必要になりますよね。

背中のカットが大きいので、こちらも基本は覆う感じで、今回はつま先もバレエシューズで覆ってしまいました。もしくは今年トレンドの、大人な黒のバーサンダルなどでももちろん良いかと思います。

夏の黒コーデに必須のおすすめアイテムは黒のカゴバッグ

大人の夏の黒コーデについて考えた時、大事なのはまず、黒が暑苦しくないバランス、かなと。小物やアクセサリーまで、面積の小さい黒系小物でまとめると、簡単にシックな感じになるので、ワンセット持っておくと便利かも。

黒のカゴバッグって引き締め効果も抜け感も叶うので使える!

中でも、今年自分で使ってみて、とっても便利だったのが黒のミニカゴバッグです。こちら手持ハンドルがついているので、さっと腕を通して持てる上、ショルダーもついているので、斜め掛けするのにもぴったり。

ミニサイズなので、コインケース、スマホ、リップ、ハンカチ…ぐらいしか入らないですが、小さいのに存在感もあって、なのにコーデへの馴染みもいいし、買って良かったな、と思いました。

あと、ベージュなどナチュラルカラーのカゴバッグより、黒で落ち着いた印象なのでもっと長い期間使えそう。季節感をプラスしてくれたり、異素材ミックスでおしゃれ見えにもつながるかも?気になる方は黒のカゴバッグにぜひトライしてみて下さいね^^

Lets keep in touch xx
>Satén wanna be your best pen-pal xx

Satén wanna be your best pen-pal xx

Saténは ✔いくつになっても好奇心旺盛でちょっぴりギーク、心身ともにヘルシーでありたい女性の【気分が上がるフィルター役】を目指して ✔永遠に楽しめて時にパワーにもなる Fashion,Beauty,Culture, Travel&Wellnessへの情熱を ✔友人へお手紙のように、熱量高めに綴る ウェブメディアです

CTR IMG